Live Like Yourself

"地域で自分らしく住む"をサポートする訪問看護

About us
Reafの訪問看護

「私たちReafは、訪問看護により、精神的困難を抱えた人たちが自己決定力を高め、
自ら生活していけるよう寄りそっていきます。」

Reafくるめ

ステーション名のReaf(読み:リーフ)は、RE(再び)と信頼の苗木の葉(Leaf)を組み合わせた造語です。
精神的な困難をお持ちの方と信頼の苗木を育てていく上で、一つ一つの葉を再び再生させていくという意味からきています。
ロゴは「信頼の苗木」というシンボルで、各葉っぱは手と手を重ねているイメージで構成されています。
赤:情熱、黄色:元気、オレンジ:創造、青:信用からできており、緑:自然体で支えているという意味です。

精神障がいを持つ人自身の「その人が自分らしく生きる」=「QOL(生活の質)を高める」ことを一緒に考え、
安心して地域で生活するために、自己決定する力を育てていきます。

薬などの既存の治療だけに頼らず、対話の力で精神的困難を抱えていても誰でもリカバリーできるという考えのもと、
"Open Dialogue(オープンダイアローグ)"という方法を取り入れています。
さらにWRAP®という「自分が元気でいるための自分取り扱い説明書」を一緒に作るサポートを行うことで、
その人が自分らしく生活する場を一緒に創造していきます。

訪問看護とは?

Services
Reafのサービス

ご自宅で療養される皆様に看護師や精神保健福祉士・作業療法士などの有資格者が利用者の自宅に訪問し、
主治医の指示に基づき、看護ケアを提供します。
各種保険(医療保険、介護保険)に対応し、在宅療養をサポートいたします。


服薬支援や調整

精神・心理状態の観察・ケア

生活リズムの調整

社会生活への復帰援助

コミュニケーション援助

家族支援

Reaf user
ご利用者

子どもから高齢者、病状や障がいが軽くても重くても、訪問看護を必要とする全ての人が受けられます。

ご利用者ご利用者

スタッフ募集